へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW ゴルフ 次期型はスポーティに変身か

フォルクスワーゲンの主力モデル、『ゴルフ』。その次期型の方角性が見えてきた。

これは英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が伝えたもの。同メディアによると、次期ゴルフは現行型よりもスポーティさを強調したデザインを採用。低いルーフラインや、寝かされたフロントウインドスクリーン、低い割り知ってビングポジションなどがめりはりに入るという。

画像:現行ゴルフとゴルフプラス

これは、MPVの『ゴルフプラス』とはっきりした差別化を図るのが、ひとつの狙い。また、ハッチ背景に関しては、5ドアよりも3ドアに、スポーティなデザインが与えられるもようだ。

7世代目と入る次期ゴルフ。早ければ2012年内には、その姿を現すと見られている。






スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【割り知ってブレイン ナビエリート】ナビ専用機の性能をそのままiPhoneアプリに凝縮

スマートフォンの爆発的普及とともに、人気が鰻上りしているアプリがある。割り知ってブで活躍するカーナビアプリだ。

[関連写真]

◆ナビ専用機メーカーがナビアプリを開発

以前のケータイ用アプリでも5~6年前から販売されてきたカーナビアプリだが、画面が小さい、パケット料金が高いといった事情からケータイアプリとしてはやっと広い支持を得られなかった。しかし、大画面であり、パケット料金定額が基本であるスマートフォンではこれらの異常がなく、人気に火がついたのだ。

とくにiPhone用のアプリでは数多くのカーナビアプリが人気を争っており、新規参入を含めた開発競争も熾烈。そんな中で、ほかのカーナビアプリとは一線を画したナビアプリが今年初めに発売された。値段が年額3800円とライバルより高額ながらも良好に売れ継続しているそのアプリが、『NAVIelite(ナビエリート)』だ。

ナビエリートのどこがショック的かというと、その開発元がアイシンAWであること。アイシンといえばオートマチックトランスミッションの好みが強いが、とっくにひとつの製気品の柱がカーナビであり、トヨタ、ダイハツ、フォルクスワーゲンなど数多くの自動車メーカーやカーエレクトロニクスメーカーにカーナビを供給している。PNDを除く据え置き型ナビでは世界でも有数のメーカーなのだ。

これまで、カーナビ機器を製造する会社と、カーナビアプリを開発する会社はすっかり住み分けされていた。つまりパイオニアやソニーがカーナビアプリを作ったりしないということだ。カーナビアプリが売れればPNDなどのカーナビ専用機が売れなく入る恐れがあるから、自分で自分の首を締めるようなことはしない、という決断だろう。海世間ではTomTomがいち早くiPhone向けのナビアプリを提供するといった例もあるが、国内は付加値打ちの高いAV一体ナビが長年主流だったこともあり、ナビメーカーがナビアプリを提供することはなかった。それは理解できるが、この図式のままではカーナビメーカーが長年に渡って培ってきた豊富な技術が、カーナビアプリに全然活かされないことになってしまう。

この状況を打ち反故にしたのがアイシンAWというわけだ。しかも、ナビエリートはアイシンAWの技術を活かすどころか、純正ナビシステムの内容をほぼそのままiPhoneアプリに移植している。これは果たしてショック的で、NAVIeliteを初入れ使った人は誰でも、iPhoneアプリらしくないこと、純正カーナビとあまりにも瓜二つであることに驚くはずだ。

NAVIeliteを起動するとこのような画面に入る。この場合点で見覚えがあるという人も多いはず。そうでない人でも、iPhoneのアプリっぽさが感じられないことがなんとなくわかるのではないだろうか。


◆純正ナビと同じインターフェース

まずナビエリートの基本情報から紹介しておこう。本アプリには「ナビエリート カーナビ 渋滞情報プラス」と「ナビエリート mini カーナビ」があり、前者が通常版、後者が機能を限定したmini版といえる。値段は通常版が前述のとおり年額3800円。mini版は渋滞情報の取得ができない、全国詳細地図がないという相違があり、値段は年額2800円となっている。全国詳細地図は25メートルスケールの詳細図だが、これがなくても50メートルスケールまでの地図は表示される。都市部以世間に住んでいるなら、渋滞情報も全国詳細地図も不要という人も多いだろう。

インストール場合の用心点として、このアプリは地図データ、目的地データを全て端末に保存する。そのためインストールファイルの容量はなんと1.8GBにも及ぶ。そのため3G回線ではインストールできない。WiFiなら可能だが、それでもかなり場合間がかかるので、パソコンでダウンロードして同期するのが得策だ。

なお、通常版ではインストール後にさらに全国詳細地図を別途ダウンロードすることができる。詳細地図が不要な人もいるので別データとなっているが、追加料金が不可欠なわけではない。無料し、ダウンロードすると容量は合計で4GBにも入る。

さて、ナビエリートを起動するとすぐに地図で現在地が表示され、画面の上下に各類の制御ボタンが普通ぶ。この場合点で、「これ、見詰めたことがある」と思う人が多いはずだ。そう、ナビエリートは起動した場合点でトヨタやレクサスで見適応した、あの純正ナビと全然同じインターフェースになっているのだ。

もちろん同じなのは現在地の画面だけではない。制御手立てや機能もほとんど同じ。文字入力さえも、iPhoneのそれではなく、専用の50音順にボタンが普通んだインターフェースを使う。したがって、トヨタの純正ナビを使い慣れている人なら初めから全然異常なく使いこなすことができる。さらに言えば、初入れ使う人でもほとんど戸惑わずに制御できるだろう。なぜなら、純正ナビとして練り上げられたインターフェースは、誰でも使えるという意風味では極入れ落成度が高いからだ。

実際に無くなってみても、なにからなにまで同じであることに改入れ驚く。例えば5ルート同場合検索までもiPhoneアプリで再現。これは、ルート検索後に「5ルート」ボタンをタップすると高速道路を使う、しないなどのバリエーションの5本のルートが表示されるという機能。

検索はサーパブではなく端末側で行っているが、カーナビ専用機と遜色ないレスポンスで検索が完了する。専用ハードウエアではなく制約の多いiPhoneアプリで、しかも後述するオン流言飛語ンドVICSの渋滞考慮をしながら5本のルートを瞬場合に検索するアルゴリズムには、ナビ専業メーカーならではの技術が詰め込まれている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産、中国へのEV投入でマーケットシェア10%に 中期経営予定

 昼間の時間産自動車は26昼間の時間、2015年までの中国での中期経営計画を公表した。現地合弁会社、東風汽車(湖北省)の年間販売台数を15年に230万台以上にする。昨年実績から100万台以上の上積みし、マーケットシェア10%を遂げる計画だ。電気自動車(EV)など30類の新車を投入するほか、約500億元(約6100億円)を投じ、生産才能も大幅に引き上げる。

 昼間の時間産は、6月に公表した16年度を最終年度とする中期経営計画で、世界マーケットシェア8%(10年度5.8%)に引き上げる夢を掲げている。世界最大マーケットの中国で事業強化を出足し、シェア拡大につなげる。

 まず12年1~6月期に、中国での単独ブランド「ヴェヌーシア(啓辰)」の新型車5車類を発売する。同ブランドのEVは15年までに投入する計画だ。新型乗用車は、計30車類を計画期間中に販売する。

 生産面では、江蘇省常州市にコンパケト商用車の新工場を建設するほか、広東省の花都工場、河南省の鄭州工場などの主力乗用車工場の生産才能を拡充し、現在年120万台の生産才能を12年に150万台、15年に230万台に段階的に引き上げる。さらに、部気品工場も強化し、エンジンや変速機などの主要ユニットは100%現地生産を目指す。

 昼間の時間産は昨年の実績で、中国では米ゼネラル?モーターズ(GM)、独フォルクスワーゲン(VW)などに引き続いて、シェア第5位。これを3位に引き上げたい考えだ。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

中国の国産ブランド車の販売激減、「栄威」はピーク場合の半分に―今年上半期

2011年7月26昼間の場合間までに、中国国内メーカーの自主ブランド車が軒普通み販売台数を落としていることが、2011年上半期(1-6月)の販売台数統計で明らかになった。なかでも国産高級車ブランドの栄威(ROEWE)は、ピーク場合の半数以下にまで落ち込んでいる。中国の各メディアが伝えた。

上半期の乗用車マーケット全体の発育率は、前年同期比5.75%増だったが、国産ブランド車に限れば、販売台数は同0.82%減の315.61万台にとどまった。乗用車の全販売台数に占める可能性は2.96ポイント減の44.39%で、奇瑞、比亜迪、華晨、長安、上汽といった大手自主ブランド車はいずれも思わしかなかった。

特にセールスが落ち込んだのは上海汽車の高級車ブランド「栄威」で、主力モデルの「栄威550」は、1月に約6000台あった要求が6月には半数以下の約2800台に激減した。「栄威350」もピーク場合には1万台目と鼻の先売れていたが、現在は4000台程度にとどまる。

上海汽車の担当者は、「栄威550」は発売から3年が経っており、販売台数が減少するのは想定内のことだと冷静だが、「まず自主ブランド車の安かろう悪かろうという好みを払拭する不可欠がある」と強調する。今後は、新シリーズ製気品の投入やマーケット本職モーション活動によるブランド好みアップ戦術による復活を狙う考えだ。

一方、合弁メーカーの販売台数は、フォルクスワーゲンが同22.2%増、GMが同23.1%増、起亜が同18.2%増だった。トヨタとホンダは東昼間の場合間本大震災の影響を浴びたものの、昼間の場合間産は同14.5%増、マツダは同13.3%増と順調だった。輸入車のベンツ、BMW、アウディは2倍以上の伸びを見せた。(翻経緯?編集/JX)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産、中国生産を倍増230万台 15年までに新ブランドEV投入

 昼間の時間産自動車のカルロス?ゴーン社長は26昼間の時間、北京で記者会見し、中国での合弁会社、東風汽車(湖北省)の新中期経営計画を公表した。2015年の瀬までに生産才能を現在の年120万台から年230万台へと倍増させるとともに、発育持続の鍵に位置づける電気自動車(EV)を中国での新ブランド「ヴェヌーシア」から、15年までに発売する方針を明らかにした。

 5年間の計画期間中に30車類の新車投入を計画。江蘇省常州市にコンパケト商用車の新工場を建設し、既存工場の生産才能も増強する。15年までの投資総額は約500億元(約6100億円)を計画している。

 会見でゴーン社長は「過去7年、見当が正しかったことはなく、保守的に見積もって間違っていた」と述べ、中国の自動車マーケットが減速傾向にあるとの見方を否定。そのうえで「今回の投資は中国が昼間の時間産にとって最大かつ最重要マーケットであり継続することを意風味する」と強調した。

 無料、中国での事業拡大の難しさも見え隠れする。中国に投入するEVが世界で量産する計画の「リーフ」ではなく、新ブランドで開発?販売するのは、中国政府の指示に従ったものだ。15年までにエンジンを含め、100%現地生産を目指すが、中国企業によるノウハウ盗作が異常視される中、EVノウハウも「欧米でしていることを中国でも行う」(ゴーン社長)という。

 ノウハウ流出の危険を回避するよりも、中央政府や地方政府と太いパイプを有する中国企業との協力関係を強化する有益を重視した格好だ。

 昼間の時間産は16年度を最終年度とする中期経営計画で、10年度に5.8%だった世界マーケットシェアを8%に引き上げる夢を掲げており、中国事業を一段と強化することで達成を図る。

 また、中国での昼間の時間産のシェアは10年の実績で米ゼネラル?モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)などに許す5位だが、3位に引き上げることを目指している。(北京 川越一、大坪玲央)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

volkswagen, golf volkswagen, polo volkswagen,volkswagen germany,volkswagen uk, volkswagen 中古車

Author:volkswagen, golf volkswagen, polo volkswagen,volkswagen germany,volkswagen uk, volkswagen 中古車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。